今日中に借りたい!即日融資が本当にデキるキャッシングはどこ?

キャッシングは精神的にも楽に借りられる

何とか今日中に融資を受けたい。現金を用立てないといけない。でも、知人や身内からお金を借りるのは気が引ける。

 

そんな時に誰にも気兼ねすることなくお金を借りられるのがキャッシングサービスです。

 

お金のレンタル料である「利息」を含めて返済しなければいけませんが、お金の貸し借りが原因で人間関係に支障をきたす心配のない、最も合理的な方法です。

 

しかし、即日融資を希望してキャッシング会社に申し込みをしても、融資をしてくれるのは翌日だった…という事態を避けるためにも、即日キャッシングの基本を抑えておきましょう。

 

即日キャッシングの限度額を知っておく

即日融資には適正な限度額がある

今まで付き合いのない金融会社から、いきなり初めての取引で百万円単位のお金を借りる(しかも即日で)ことは現実的に不可能です。

 

貸し出す金額が大きくなれば、それだけ持ち逃げされるリスクも大きいですし、貸し倒れのリスクもあります。貸金業者側からすれば、申込者の信用情報の精査に慎重にならざるを得ません。従って、審査〜貸付までそれなりの時間が必要になってしまいます。

 

しかし、数万円ぐらいの貸付であれば、業者側からしてもそこまで大きなリスクを孕んだ金額ではありません。むしろ、「ここは即日キャッシングができるから、今度困った時にも利用しよう!」と、リピーターになってくれる可能性もあります。

 

となれば、貸金業者の利益にも繋がるので、融資に前向きになるのは当然ですよね。

 

つまり、即日キャッシングを望める適正金額があると知っておく事は非常に大切です。

 

多くのキャッシング業者では、50万円以上の融資を希望する際には収入証明書の提出が必要になることがほとんどです。

 

また、自営業者の場合は、会社員に比べて良い意味でも悪い意味でもフットワークが軽いので、貸し倒れのリスクを避けるためにも収入証明書の提出を求められることもあります。

 

この収入証明書を提出しなくても借りられる金額が、即日キャッシングの上限金額と考えておきましょう。

 

キャッシングで即日融資の希望するなら気をつけたい業者選びの3ポイント

1.本当に即日融資してくれる?

即日融資を受けるには、まず即日で審査を終えなければいけません。即日審査を掲げていても、実は融資は翌日という業者もあるので、必ず「即日審査・即日融資」の2つをクリアしている業者を選びましょう。

 

2.銀行系 < 消費者金融

一般的に消費者金融に比べて、銀行系キャッシングローンは審査と融資に時間が掛かる傾向にあります。即日希望ならスピード感のある消費者金融を選びましょう。
有名どころの消費者金融は、大手銀行の子会社であることがほとんどなので安心して利用できます。間違っても貸金業法を無視するヤミ金で融資を受けるのは止めて下さいね。

 

3.出金のしやすさ

振込で融資を受ける場合は、金融機関の振込反映時間に影響されてしまいます。特に14時以降の申し込みとなると、実際に即日融資はされていても、自分の口座に振込みが反映されるのは翌日になってしまうケースがあります。しかし、消費者金融が提携している金融機関の口座を持っていれば、振込時間を延長してくれるサービスがあります。

 

振込ではなく、ネットで申し込みをして無人契約機でカードを受け取る方法が最も早く現金を手に入れる方法です。カードを受け取れば、備え付けのATMや提携ATMから現金を引き出せるので、無人契約機の台数が多い業者を選ぶことも大切です。

クレジットカード現金化は絶対にダメ!

スグに現金を手に入れたい!という人に対して、数年前から広まったのが「クレジットカードの現金化」という手法です。

 

 

価値の無い商品(石やアクセサリーなど)を数十万円でクレジットカードで購入させ、その商品を業者が9割ほどの値段で買い取る、という実体の無い売買です。

 

その仕組みは以下のようなものです。

 

Aさんが現金化の現金化業者から50万円で宝石を買いました。(この宝石は実際には100円ほどの価値しかありません)
そのAさんが購入した宝石を、現金化業者が9割の値段(=45万円)で買い取り、Aさんには45万円の現金が手に入ります。
途中で引かれた1割(この場合は5万円)が業者の利益となります。

 

こうした仕組みでクレジットカードのショッピング枠を現金に変えるというものですが、消費者庁もその利用には警鐘を鳴らしています。(参考リンク:消費者庁のHP

 

そもそも、クレジットカードの違反行為であり、いざ現金化をする際に入金されなかったり業者と連絡がとれなくなったりするケースも珍しくありません。

 

事実、詐欺まがいの行為によって現金化業者が逮捕されている事例もあります。(出資法違反の疑いもあり)

 

ネットで完結するから怖い

このような法律的にほぼ黒いグレー業者は、闇金業者と繋がっていたり、暴力団の資金源となっている場合もあります。

 

クレジットカード現金化業者の多くは、店舗を構えずネット上のやり取りだけで完結させます。そこに大きな危険性が潜んでいるのです。

 

申込者は、ホームページ上で個人情報を記入しますが、それが「お金に困っている人のリスト」となり、闇金業者の間で高値で取引されるのです。また、申し込みをしたのに連絡が取れず、ただ100円程度の価値しかないがらくたを数十万円で購入しただけ…という、詐欺に遭うケースもあります。

 

従って、急に現金が必要になった場合には、しっかりとした企業が経営しているキャッシング業者を利用するのが最も安全で確実な方法です。

安全で便利なキャッシングで即日借りる為の審査

消費者金融の無利息サービスはお得

キャッシングの審査に用いられるのが、個人の信用情報です。

 

ごく普通の日常生活を送る上であまり気にした事が無い人も多いですが、一般的な大人であれば「何かしらの情報が信用情報に記載されている」と思ってもあながち間違いではありません。

 

クレジットカードの利用、車のローン、スマートフォンの分割購入など、私たちの暮らしの中で何気なく行っている購買行動が信用情報には記載されているのです。ただ、コンビニでからあげを買うだとか、ツタヤで毎週DVDを借りるだとか、そういった単純な消費行動ではなく、お金の借入状況に限った情報が記載されています。

 

クレジットカードも、利用者に与えられたクレジット(信用)に基づいて、カード会社が支払いを立て替えているものです。それを後から返済しているに過ぎません。車のローンにしても、スマートフォンの分割購入にしても全て同じことです。

 

そうした各種のローンに対して、きちんと滞りなく返済をしている人なのか?ということが信用情報には記載されており、それがキャッシング審査で重要視されます。

 

それに加え、年齢・職業(雇用形態)・収入・他社からの借入金額など、その人を取り巻いている経済状態を加味し、キャッシング会社独自の与信システムによって、貸付可能か否かが決められます。

 

人の目による審査から自動審査へ

今ほどネットやパソコンが普及する以前は、キャッシングをするにも実店舗に訪れて「対面与信」によって、審査が行われていました。つまり人の目による審査です。

 

当然、その人の個人情報は書類に記入をしてもらい裏で情報の真偽を取りますが、それ以上に「面接」ともいえる店員の目による審査があったのです。

 

どのような身なりなのか、必要以上におどおどしていないか、など審査を担当する店員がチェックをし、それをクリアした後に店長の判断を仰ぎ、そこまで通過してようやく融資をしてもらえるという流れでした。

 

つまり今よりも確実にハードルは高かったといえます。

 

しかし今はネットで申し込みができ、誰もが当たり前に持っているスマホで借入も返済もできてしまうほど便利な時代です。審査も大半が自動で行われています。※スマホで完結できるキャッシングに関してはこちらを参考にして下さい。(参考リンク:スマホキャッシングのHP

 

まずは最低条件(総量規制、職業、年齢など)をクリアしているか。そこをクリアして、信用情報を参照し、今までの利用者の膨大なデータが蓄積された社内独自の審査システム(※)へ、というように機械的に審査は進んでいきます。(時には人の目による判断が入る事もあります)

 

※キャッシング会社による独自の審査システムの内容は、会社の経営にも関わることなので決して公開されることはありません。
しかし、一説によると、申込者の属性と過去の利用者の属性(年齢・職業・年収など)を照らし合わせ、データ上で申込者と似通っている人物が今までどのような利用実績を積んできているのか?という点を基準に審査が進められるようです。

 

こうした自動化によって、審査終了まで最短で30分というアコムやアイフルのようなキャッシング業者も登場し、即日でお金借りることができる時代になったのです。

 

また、ホームページ上でできる仮審査によっても、ある程度はアタリをつける事も可能です。年収や他社での借入金額を記入するだけで、スグに審査が可能か否かがホームページ上で分かるというものです。

 

あくまで事前の仮審査なので、この結果が100%ではありませんが、万が一この仮審査に落ちてしまうようであれば、本審査に申し込んだところで落とされてしまうのが目に見えています。すると、信用情報にもその旨が記載されてしまい、6ヶ月ほどは記録が残ってしまいます。

 

その記録が消える前にキャッシングに申し込んだり、クレジットカードを作ろうとしたりすると、信用情報を参照されることになるので、無駄に審査落ちの記録を残すことは得策とはいえません。(業者や業種によって登録している信用情報機関は異なるので、問題にならないケースもあります)

 

昔に比べて様々な面でお金は借りやすくなっている?

キャッシングが利用しやすくなった理由

審査の自動化によって即日でお金が必要なときに借りやすくなったこと以外にも、グレーゾーン金利の撤廃や取立てに関する法整備によってキャッシングは以前にも増して利用しやすくなりました。

 

改正貸金業法によって法定金利が定められ、グレーゾーン金利が撤廃されたことによって金利負担が減りました。

 

こうした法整備の背景には多重債務者の増加に抑止をかけるという目的がありますが、計画的に利用をする範囲であれば、その恩恵を受けることは間違いありません。

 

暴力団や半グレ組織の資金源にもなっている闇金業者に関しては、法定金利や取立てに関する法整備は関係ありませんが、金融庁から正式に貸金業の許可を得て融資をしている業者にとっては、法律は絶対的な存在です。

 

時間やルールを無視した取立てを行うことは、業務停止命令のリスクが伴います。映画のような身の恐怖を感じるような取立ては、今では存在しません。だからといって、返済に遅れることは自分の首を絞めることになるので気をつけなければいけません。

 

しかし、10年前と比べて明らかにキャッシング業界を取り巻く環境は透明化したので、利用しやすくなったのは間違いありません。

即日融資のキャッシングを利用した人たちの体験談

車検代の足しにしました

Sさん(20代/女性/コンビニアルバイト) 借入れ金額:20万円
冷蔵庫と洗濯機が同時に壊れてしまい、新しく購入したために車検代が足りなくなってしまいました。消費者金融で借りるのが初めてで不安だったため、自分で調べてプロミスに決めました。大手の会社で、評判もよかったからです。

 

アルバイトでも借りることが出来て、即日融資だったので助かりました。申込む時、保証人や担保がいらなかったし、誰とも会わずに契約できるのが良いと思いました。金利が高いというイメージがあったのですが、短い期間で返せば気にならない程度でした。

 

簡単に借りられて便利ですが、借りすぎや使いすぎには気を付けなければいけないと思いました。カードで出したり入れたりを繰り返していると、借金だということを忘れて自分のお金だと錯覚してしまいそうです。

 

たくさん借りすぎてしまうと返済が出来なくなり、また他の会社から借りて返済するなど、借金を繰り返してしまう可能性があります。借りる時には、しっかり返済計画を立てる必要があると思います。キャッシングは正しい使い方をすれば、とても助かるし便利だと思います。

 

生活費が足りなくなった時に助けられました

Tさん(20代/男性/食品製造業) 借入れ金額:10万円
私がお金の借り入れをした理由はただ単純に給料日までの生活資金が足りなくなってしまったからです。
と言うのも、知人の結婚式や飲み会などお金を多く出費する事が重なってしまいお金が不足してしまいました。最初は親に借りようと思っていたのですが、ちょうど親にも手持ちがなく困っていた時に近所でレイクの無人契約機を目にし即日でお金が手に入るならと思い行ってみる事にしたのです。

 

当時はまだ社会人になったばかりと言う事もありお金を借りると言う経験は車のローンを組んだくらいで全く経験がありませんでした。なので、最初かなり緊張していた事を覚えています。
無人契約機という事で目の前のパネルの音声案内に従って必要事項を入力していき、規約などの細かいところは一通り目を通しましたが流す程度だったと思います。15分程で入力が終わりオペレーターの人と電話で話した時も丁寧な対応だったのでだいぶ緊張もほぐれていました。

 

審査を終えてキャシュカードの発行までの時間は1時間かからない位だったのでとても早く感じました。
当時は若かったせいかこんなに短時間で大金が手に入るんだと驚くと共に簡単だなと言う印象をもったと思います。